インプラントの
ご相談は
吉岡歯科医院へ
公式HPは
こちら

インプラントは痛いのか

インプラント治療は外科処置なので治療に痛みを伴う可能性がありますが、手術に際しては適切な麻酔を行いますし、術後も投薬によりそれほどの痛みは感じないことが一般的です。

インプラント手術時の痛みについて

インプラント手術は通常は局所麻酔で行います。しかし、人によっては麻酔が効きにくい場合があります。インプラントを専門に行なっている歯科医院では、麻酔と全身管理を担当する別の歯科医師が「麻酔医」としてインプラント手術を行う執刀医以外に立ち会うことが一般的です。

その場合は、静脈内鎮静という方法で麻酔を行います。この場合、痛みを感じることはありません。点滴でボーッとする薬を投与しますので、不安や恐怖心も無くなりますし、血圧や脈拍のコントロールを行いますので安全な手術が可能になります。この点からも、インプラント手術においては常に歯科医師2人の体制で行なっている歯科医院が望ましいのです。

インプラントの手術後の痛みについて

インプラント手術後は鎮痛剤などが処方されますので、通常はそれほど痛いということはありません。しかし、感染を起こした場合は抗生物質の点滴が必要となりますので、点滴を日常的に行える歯科医院でのインプラント手術が重要です。

補綴物装着までのインプラントの痛みについて

インプラント手術後は通常は2週間程度で痛みは無くなります。それ以上痛みが続く場合は、感染などが疑われますので、歯科医院で診てもらうようにしましょう。

補綴物装着後のインプラントの痛みについて

インプラント治療が終了した後は通常、痛みはありません。痛みが継続する場合はインプラント周囲炎その他の可能性がありますので、歯科医院で診てもらうようにしましょう。

メインテナンス時のインプラントの痛みについて

インプラント使用時に痛みが出る場合は、インプラント周囲炎以外に補綴物やネジの緩みや破損の場合もありますので歯科医院で診てもらうようにしましょう。

当サイトは、名古屋でインプラント治療を行う吉岡歯科医院・吉岡喜久雄院長監修のもと、2020年7月に公開しています。掲載している情報は、吉岡院長による調査・考えに基づき収集している内容になるため、他院で公開している情報とは異なる場合があります。また、インプラント治療の正確性・安全性を完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
サイト監修名古屋でインプラント治療を行う「吉岡歯科医院」について

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/implant/jisseki/)

院長が「現代の日本における歯科治療が、どうあるべきか?」を考え、実践している医院です。院長は極めて真面目な性格です。患者さんのことを常に真剣に考えています。どこにも負けない、本物の歯科医療を職人気質で供給します。

当院は極端な医療費抑制政策の日本で、見せかけの患者サービスではなく、本質的な治療の質に重点をおいた診療を行っています。特にインプラント治療においては、可能な限り綿密な診査と診断をし、後々に大きな問題を残す可能性のある、安くてお手軽なインプラント治療ではなく、大学病院と同等の診査、診断、治療を行っていると自負しています。

  • 住所:愛知県名古屋市中川区太平通2-38
  • 月火水金:9:30~12:00・14:00~18:00
  • 土曜のみ:9:30~12:00・14:00~15:30
  • 休診日:木曜・日曜・祝日

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/information/greeting/)