インプラントの
ご相談は
吉岡歯科医院へ
公式HPは
こちら

インプラント治療の安全性

トラブルを減らす為には、インプラント治療に対する基本的な安全管理が重要です。

吉岡歯科医院が考えるインプラント治療に必要な安全管理

インプラント治療には、術前の口腔内写真とCT撮影を行う必要があります。これがなければ正確な治療計画を立案することが出来ないからです。

インプラント手術を行う為には個室の手術室が必要です。同一空間の隣の席で歯を削った環境では数時間、バクテリアが落下してくる可能性があるからです。クリーンルームなど無菌化された手術室が理想的です。

また、インプラント治療に際しては静脈路を確保し点滴を行いながら行うことが必要です。血圧や脈を管理しながら手術を行うことが手術には必須ですし、静脈内鎮静を行えば患者さんは恐怖感や緊張感の無いボーッと状態で手術を行うことが可能です。

インプラント手術を行う執刀医以外に、全身管理と静脈内鎮静を行う別の医師がいることが理想的です。大きなジェット機には必ず副操縦士が乗っています。複数の歯科医師が手術に立ち会うことが理想的なのです。

そして、術前に設計した正確な位置にインプラントを埋める為にはコンピュータガイド手術が有効です。目視で行う従来の手術には数ミリの誤差があるのですが、コンピュータガイド手術に習熟した先生の手術誤差は1ミリ以下になります。コンピュータガイド手術を用いると事故が減らせるだけでなく、非常に正確な位置にインプラントを埋めることができますので、補綴物をネジ止め式で作る場合に補綴物の中央にネジ穴を設定することが可能になります。コンピュータガイド手術を用いない従来のフリーハンドの手術では、正確な位置にネジ穴を設定することは非常に困難なのです。

インプラント治療を受けるにあたってチェックすべきこと

このような訳で「術前に口腔内写真とCTを撮影しているか?」「手術室があるか?」「静脈路を確保してインプラント手術を行っているか?」というのが、最低限の安全を確保したインプラント手術と考えます。理想的には「無菌化された手術室」「複数歯科医師によるインプラント手術」「コンピュータガイド手術」「セメント固定では無く、ネジ止めスタイルの補綴物」という項目をクリアしていることが望ましいのです。

治療費においては、「静脈内鎮静」や複数歯科医師によるインプラント手術」「コンピュータガイド手術」「セメント固定では無く、ネジ止めスタイルの補綴物」などは基本治療では無く、別料金に設定されている場合が一般的ですので、治療費の見積もりに、これらの項目が含まれているかどうかを確認することが重要です。これらのオプションを選択した場合、治療費が極端に高くなってしまう場合があるので注意が必要です。

当サイトは、名古屋でインプラント治療を行う吉岡歯科医院・吉岡喜久雄院長監修のもと、2020年7月に公開しています。掲載している情報は、吉岡院長による調査・考えに基づき収集している内容になるため、他院で公開している情報とは異なる場合があります。また、インプラント治療の正確性・安全性を完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
サイト監修名古屋でインプラント治療を行う「吉岡歯科医院」について

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/implant/jisseki/)

院長が「現代の日本における歯科治療が、どうあるべきか?」を考え、実践している医院です。院長は極めて真面目な性格です。患者さんのことを常に真剣に考えています。どこにも負けない、本物の歯科医療を職人気質で供給します。

当院は極端な医療費抑制政策の日本で、見せかけの患者サービスではなく、本質的な治療の質に重点をおいた診療を行っています。特にインプラント治療においては、可能な限り綿密な診査と診断をし、後々に大きな問題を残す可能性のある、安くてお手軽なインプラント治療ではなく、大学病院と同等の診査、診断、治療を行っていると自負しています。

  • 住所:愛知県名古屋市中川区太平通2-38
  • 月火水金:9:30~12:00・14:00~18:00
  • 土曜のみ:9:30~12:00・14:00~15:30
  • 休診日:木曜・日曜・祝日

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/information/greeting/)