インプラントの
ご相談は
吉岡歯科医院へ
公式HPは
こちら

名古屋で治療費用が安い歯医者を探す注意点

格安インプラントの欠点は技工物の製作にお金をかけていないこと

インプラント治療はインプラントを埋めるという、外科部門とインプラントに歯を取り付ける補綴部門から成り立っています。専門医制度が進んでるアメリカでは、インプラントを埋める先生はインプラントを埋めることが専門で、インプラントに歯を取り付ける先生は別の補綴専門の先生が行うことが一般的です。

しかし、インプラント治療においては、外科の先生や補綴の先生以外に歯を製作する歯科技工士の存在が重要です。腕の良い歯科技工士はよく噛める丈夫な歯を作るだけでなく、歯科医師と綿密な相談をしながら、患者さんの顔にマッチした素晴らしい芸術的な技工物を製作します。日本の歯科技工士は国家資格があるだけでなく、職人のプライドをかけた仕事をしています。

最近はCADCAMというコンピュータを駆使した現代的な技工物が主流になってきましたが、その最終工程では、歯科技工士としての経験が重要で、機械が全てを作るのでは無く、最後はプロの手先の器用さが要求される職人的な仕事なのです。

しかし、コストが安いインプラントの医院は、原価を安く抑える為に海外の安い国に技工物を発注していることが一般的です。安い補綴物を発注している国は、物価と人件費が安く、歯科技工士は資格を持たない素人です。そんな訳で、値段は安いがクオリティが高い訳では無いのです。歯科技工士の国家資格が存在しない国で製作された技工物は、どんな材料が使用されているのか安全性の点でも疑わしいのが実情です。

優れた補綴治療の鍵になるのは、歯科医師と歯科技工士の信頼関係の構築であり、日常的な歯科医師と歯科技工士との綿密なコミュニケーションが欠かせません。その為には、技工物の製作を担当する技工士は、日本語で頻繁にやり取り出来る国家資格を持った日本の歯科技工士が技工を担当する必要があるのです。

各専門医がいる歯医者選びが重要

インプラント治療はたった一人の歯科医師で行うべき治療では無く、インプラント埋入手術時には執刀医以外に、手術中に常時生体情報モニターの画面を見ながらリアルタイムで血圧、脈拍、呼吸をコントロールする全身管理麻酔担当医師の存在が重要ですし、治療が終了した後には、定期的な清掃と指導管理する歯科衛生士の存在も非常に重要です。

しかし歯科衛生士が居ない歯科医院も少なく有りませんので、歯科医院選びには注意しなければいけません。インプラントの寿命は治療後の歯科衛生士の管理次第と言っても過言では無いからです。

ちなみに吉岡歯科医院には4名の歯科医師、2名の歯科衛生士、1名の歯科技工士が在籍しています。

当サイトは、名古屋でインプラント治療を行う吉岡歯科医院・吉岡喜久雄院長監修のもと、2020年7月に公開しています。掲載している情報は、吉岡院長による調査・考えに基づき収集している内容になるため、他院で公開している情報とは異なる場合があります。また、インプラント治療の正確性・安全性を完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
サイト監修名古屋でインプラント治療を行う「吉岡歯科医院」について

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/implant/jisseki/)

院長が「現代の日本における歯科治療が、どうあるべきか?」を考え、実践している医院です。院長は極めて真面目な性格です。患者さんのことを常に真剣に考えています。どこにも負けない、本物の歯科医療を職人気質で供給します。

当院は極端な医療費抑制政策の日本で、見せかけの患者サービスではなく、本質的な治療の質に重点をおいた診療を行っています。特にインプラント治療においては、可能な限り綿密な診査と診断をし、後々に大きな問題を残す可能性のある、安くてお手軽なインプラント治療ではなく、大学病院と同等の診査、診断、治療を行っていると自負しています。

  • 住所:愛知県名古屋市中川区太平通2-38
  • 月火水金:9:30~12:00・14:00~18:00
  • 土曜のみ:9:30~12:00・14:00~15:30
  • 休診日:木曜・日曜・祝日

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/information/greeting/)