インプラントの
ご相談は
吉岡歯科医院へ
公式HPは
こちら

インプラント治療の費用の内訳

インプラントの原価

インプラント治療の価格はどのように設定されているのでしょうか?世界中で流通していて、アメリカの大学で使用が認められている、一流品と言われるインプラント本体の値段は1本あたり4万円以上します。また、インプラント本体に接続されるアバットメントという部品は、補綴物(ほてつぶつ)と呼ばれる白い人工の歯の部分をネジで固定する着脱可能なタイプのものだと1本あたり3万円以上します。

ところが、韓国製のインプラントは、フィリピンなどでは1本あたり4,000円程度で販売されている場合もあるようです。また、アバットメントもネジで着脱不可能なセメント固定タイプの方式は値段が安いのです。セメントで固定するタイプの場合は、ネジで着脱できるタイプの場合の半値以下の場合もあります。

つまり、材料代や技工料は使用しているインプラントのメーカーや種類や、アバットメントの種類、人工の歯の固定方法によって極端に異なるということです。人工の歯である補綴物は歯科技工士が作ります。現在はCADCAMの技術で作られることが多くなりました。これも歯科技工所によって料金が異なります。セメントで固定するタイプの補綴物はアバットメントも技工料も安いのですが、固定する為に使用するセメントが歯肉の中に入りこみインプラント周囲炎の原因となるリスクが問題視されています。

では、原価が安いインプラントの質が悪いのか?というと、これについては意見は分かれます。ただ、世界的に多くの論文によって経過が報告され、インプラント先進国と言われるアメリカの大学病院や一流と言われているインプラント専門の医院で使用されているインプラントはプレミアムインプラントと呼ばれる世界で流通し、歴史のある、ストローマン社、ノーベルバイオケア社、ジンマーバイオメット社、デンツプライシロナ社などです。日本製のインプラントや韓国製のインプラントは世界的な評価は低いというのが実情です。

しかし、最高の仕事を目指している腕の良い歯科医師が、わざわざ一流品でないインプラントを使用するでしょうか?腕の良い板前が安いという理由で二流の素材を使うことはしません。必ず最高の素材で仕事に挑みます。インプラントは人工臓器です。業界で十分な評価を得られていない、安い人工心臓をわざわざ選択することはナンセンスではないでしょうか?

インプラントを行う歯科医院の運営コスト

歯科医院のほとんどは自営業です。医院を開業する為には多額の借り入れをし、借金を返済しながら運営しているのが一般的です。開業には建築費や膨大の設備投資が必要です。また、人件費もかかりますし、テナントの場合は家賃もかかります。そして宣伝広告費も必要です。借金を早く返済する為にはインプラントの治療費を高く設定すれば良い訳ですが、価格があまりに高くなってしまうと価格競争に負けてしまい患者さんの獲得が難しくなります。

駅前一等地のテナントは家賃が高く、ビル内にある場合は高額なテレビCMなどの広告費をかけないと認知されず、医院運営コストは非常に高額になってしまいます。このコストに耐えきれず、大都市では倒産や移転や廃業を余儀なくされる歯科医院も少なく無いのが実情です。

インプラント治療に欠かせない「患者さんには見えない費用」

実は、インプラント治療を行う為には欠かせない「患者さんには見えない費用」があります。インプラント治療は決して安全な治療ではありません。インプラント治療だけでなく医療に100%の安全は無いのです。日本国内でもインプラント手術に伴う死亡事故が起きています。この事故はインプラントのドリルが下顎骨を貫通し血管を巻き込み、出血により気道を圧迫し窒息するというものでした。また、術前のCT撮影が一般的になる前には、骨を削るドリルが下歯槽神経を損傷し、口唇周囲に知覚麻痺が出るというトラブルも多くありました。現在では上顎洞内に感染を起こしたりインプラントが落下するトラブルが報告されています。

これらのトラブルを減らす為には、インプラント治療に対する基本的な安全管理が重要です。インプラント治療には術前の口腔内写真とCT撮影を行う必要があります。これがなければ、正確な治療計画を立案することができないからです。インプラント手術を行う為には個室の手術室が必要です。同一空間の隣の席で歯を削った環境では、数時間、バクテリアが落下してくる可能性があるからです。クリーンルームなど無菌化された手術室が理想的です。

また、安全を担保する為にはインプラント治療に際しては静脈路を確保し点滴を行いながら行うことが必要です。血圧や脈を管理しながら手術を行うことが手術には必須ですし、静脈内鎮静を行えば患者さんは恐怖感や緊張感の無いボーッと状態で手術を行うことが可能です。インプラント手術を行う執刀医以外に、全身管理と静脈内鎮静を行う別の医師がいることが理想的です。大きなジェット機には必ず副操縦士が乗っています。複数の歯科医師が手術に立ち会うことが理想的なのです。

そして、術前に設計した正確な位置にインプラントを埋める為にはコンピュータガイド手術が有効です。目視で行う従来の手術が数ミリの誤差があるのですが、コンピュータガイド手術に習熟した先生の手術誤差は1ミリ以下になります。コンピュータガイド手術を用いると事故が減らせるだけでなく、正確な位置にインプラントを埋めることができますので、補綴物をネジ止め式で作る場合に補綴物の中央にネジ穴を設定することが可能になります。コンピュータガイド手術を用いない従来のフリーハンドの手術では、正確な位置にネジ穴を設定することは非常に困難なのです。

このような訳で「術前に口腔内写真とCTを撮影しているか?」「手術室があるか?」「静脈路を確保してインプラント手術を行っているか?」というのが、最低限の安全を確保したインプラント手術と言えます。理想的には「無菌化された手術室」「複数歯科医師によるインプラント手術」「コンピュータガイド手術」「セメント固定では無く、ネジ止めスタイルの補綴物」という項目をクリアしていることが望ましいのです。

治療費においては、「静脈内鎮静」や「複数歯科医師によるインプラント手術」「コンピュータガイド手術」「セメント固定では無く、ネジ止めスタイルの補綴物」などは基本治療では無く、別料金に設定されている場合が一般的ですので、治療費の見積もりに、これらの項目が含まれているかどうかを確認することが重要です。これらのオプションを選択した場合、治療費が極端に高くなってしまう場合があるので注意しましょう。

当サイトは、名古屋でインプラント治療を行う吉岡歯科医院・吉岡喜久雄院長監修のもと、2020年7月に公開しています。掲載している情報は、吉岡院長による調査・考えに基づき収集している内容になるため、他院で公開している情報とは異なる場合があります。また、インプラント治療の正確性・安全性を完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
サイト監修名古屋でインプラント治療を行う「吉岡歯科医院」について

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/implant/jisseki/)

院長が「現代の日本における歯科治療が、どうあるべきか?」を考え、実践している医院です。院長は極めて真面目な性格です。患者さんのことを常に真剣に考えています。どこにも負けない、本物の歯科医療を職人気質で供給します。

当院は極端な医療費抑制政策の日本で、見せかけの患者サービスではなく、本質的な治療の質に重点をおいた診療を行っています。特にインプラント治療においては、可能な限り綿密な診査と診断をし、後々に大きな問題を残す可能性のある、安くてお手軽なインプラント治療ではなく、大学病院と同等の診査、診断、治療を行っていると自負しています。

  • 住所:愛知県名古屋市中川区太平通2-38
  • 月火水金:9:30~12:00・14:00~18:00
  • 土曜のみ:9:30~12:00・14:00~15:30
  • 休診日:木曜・日曜・祝日

※引用元:吉岡歯科医院公式HP(https://www.yoshioka-dental.com/information/greeting/)